オスプレイ来るな!飛ばすな!   
 ホーム
 声明・論評
 集会と 行動の案内
 ミャンマー連帯
憲法集会 
総がかり・市民 アクション行動
  YABUKI写真館
沖縄と連帯
   オスプレイ 来るな!飛ばすな!  
 アーカイブ (記録)
 

   画面クリックでPDFファイル
 
      ―オスプレイ政府交渉から見えてきたこと ―

10 月 15 日 (土 13 30 15 30
連合会館 5 階 501 会議室

 ※会場は席に限りがありますので、遠方の方を含め オンライン でのご参加をお願いします。

内容
   司会:小原慎一(東日本連絡会事務局長・神奈川平和運動センター代表代行)
      はじめに
       湯浅一郎( 東日本連絡会代表・ ピースデポ代表)

1 .政府交渉から見えてきたこと
  *MV 墜落事故とC V 飛行停止 矢野亮 基地のない神奈川をめざす県央共闘会議
   オスプレイの構造問題
  *オスプレイの事故率と予防着陸 星野潔 (神奈川平和運動センター
  *飛行訓練と地位協定 新倉裕史 (非核市民宣言運動ヨコスカ
  *横田基地配備問題 福本道夫 (横田基地公害訴訟準備会
  *木更津修理拠点と自衛隊機配備 原田義康 (護憲原水禁君津木更津地区実行委)

2.特別報告
 MV 普天間配備から 10 年 、 沖縄の現状 岸本喬 (沖縄平和運動センター
 まとめ 谷雅志 (フォーラム平和・人権・環境

主催:オスプレイと飛行訓練に反対する東日本連絡会/フォーラム平和・人権・環境 
 

 
  オスプレイ暫定配備反対 
   12・1県民大集会in木更津
 

  陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機オスプレイの木更津駐屯地への暫定配備計陸上自衛隊の垂直離着陸輸送機オスプレイの木更津駐屯地への暫定配備計画を巡り、憲法を生かす会を含む市民団体や労働組合らが1日、木更津市吾妻公園で反対集会を開いた。

 地元の「オスプレイ来るな いらない住民の会」などが呼び掛け、主催者発表で千葉県内外から約2,000人が参加した。

主催:     オスプレイ暫定配備反対12,1県民大集会in木更津実行委員会
後援:     オスプレイいらない!10.12千葉県集会実行委員会
呼びかけ:   君津・木更津地区労センター
         君津木更津地区労働組合連合会
         平和・人権・教育と文化を考える会
         オスプレイ来るな いらない住民の会

 千葉県内外から参加者の前で、主催者挨拶 
   
   パレード出発時
   
  吾妻公園~木更津駅前まで 市街地行進は、両側を多数の警察官が守る 
   
                         
                         集会アピール

 防衛省は、5月24日に木更津市に、6月6日には干葉県に対し、陸上自衛隊が導入するオスプレイ17機について、陸上自衛隊木更津駐屯地(木更津基地)に暫定配備したいと説明してきました。佐賀県知事は、佐賀空港へ配備を容認したものの、佐賀空港建設時に漁協と取り交わした公害防止協定には、「県は自衛隊との共同使用する考えは持っていない」と明記し、地権者の漁協等が強硬に反対しているため、配備の見通しがたちません。そのため、木更津基地に暫定配備しようとするものです。

 暫定配備と言いながらいつまでなのか、期間すら提示されません。防衛省は基地周辺の住民を対象とした非公開の説明会を8回、木更津市民全体を対象とした公開の説明会を1回開催しました。そこでは、多くの疑問や不安の声が出されました。こうした意見をもとに、木更津市は25件、千葉県は14件、木更津市議会は15件の質問を提出しました。防衛省の回答は、「暫定期間は相手が有るので害えることは困難」「他の基地との比較検討した内容を明らかにすることは出来ない」等々、全く不誠実なものです。
 そもそもオスプレイはその構造的欠陥から、開発当初から多くの重大事故を起こし、多くの人命を奪ってきました。2016年12月には沖縄・普天間基地に配備されている米海兵隊のMV-22オスプレイが、空中給油訓練中にプロペラとホースが接触し、名護市安部の海岸に墜落するという重大事故を引き起こしています。

 防衛省の説明では、「陸上自衛隊オスプレイの訓練空域は木更津基地の他のヘリコプター等と同様」との事ですが、木更津飛行場運用規則によると南房総一帯に低空飛行訓練空域が設定されています。また、演習には、新潟県まで演習にいくので、単に木更津市だけの問題ではありません。また、騒音・低周波振動も大問題です。2017年から始まった米海兵隊オスプレイの定期機体整備では、整備後の試運転で近隣住民が「今までに経験した事のない騒音と振動」で家から飛び出したほどです。

 自衛隊が導入を進めているオスプレイは、佐世保の水陸機動団の輸送を任務にしています。いたずらに危機を煽り、南西海域の島嶼奪回という名目で、専守防衛の域を超え、戦争に突き進むためのものです。
私たちは、このように多くの問題を抱えるオスプレイの暫定配備及びオスプレイ整備拠点に反対するとともに、17機で3500億円もの税金を使う欠陥機オスプレイの導入は断じて容認できません。

 「木更津の空にオスプレイはいらない。佐賀にも沖縄にも横田にも、日本の空にオスプレイはいらない」という声を一層強めましょう。そして、沖縄・横田・佐賀の皆さんと連携を強化し、オスプレイの木更津基地暫定配備を阻止するため全力で闘いましょう。

   2019年12月1日
                  オスプレイ暫定配備反対12・1県民大集会in木更津
                                               参加者一同 

オスプレイ政府交渉明らかになったこと不明なままのこと
  オスプレイと飛行訓練に反対する東日本連絡会
    画面クリックで拡大+   画面クリックで拡大+
     
    画面クリックで拡大+   画面クリックで拡大+
     
    画面クリックで拡大+   画面クリックで拡大+
     

オスプレイ暫定配備反対

2018年7月1日(日)13時より木更津吾妻公園
画面クリックで拡大<PDFファイル) 
上澤美男 憲法を生かす会関東連絡会               問合せ先 E-Mail: info@ikasukai.sub.jp